Facebook

ART & LOGICを知るための50の秘密

  • アメリカで注目のSTEAMとは?

    STEM教育をご存知であろうか? イノベーションを起こすための原動力として教育が果たす役割は非常に高い。アメリカの教育界が最も力を入れている分野Science(サイエンス)、Technology(テクノロジー)、Engineerrin…
    >>続きを見る
Secret001

講師は全員、東京藝大卒。

ビジネスマン・主婦・医師・美容師・作家など、日々をクリエイティブに生きている「人生のアーティスト」たちがひそかに通っているという話題のワークショップ「ART & LOGIC」。 たった2日間、16時間の「アートデッサン」講座を受けるだけで、誰でも絵が見違えるほどに上手くなるだけでなく、なぜか、右脳と左脳が活性化して、見える世界が変わってしまう。 「ART & LOGIC」は、老若男女、職業経歴に関係なく、「人生をアーティストとして生きる」ための教養と技術を身につけたい人にとって必須のプログラムだ。子どもの頃に「絵が下手だ」と言われた経験のある人、「絵が苦手です」「絵を鑑賞しても面白くない」と思っている人にこそ、体験してほしい目からウロコの講座なのだ。 「ART & LOGIC」の講師は全員、あの(!)東京藝術大学卒。油絵専攻で現役バリバリの画家ばかり。 東京芸大卒と言えば、泣く子も黙る(笑)、日本の美術・芸術を支えてきた錚々たる顔ぶれが並ぶ。著名人では、横山大観、平山郁夫、東山魁夷、千住博、青木繁。中退だけど天才・岡本太郎。映画化もされた藤田嗣治。 合田誠、日比野克彦、最近で言うと、村上隆、山口晃。他にも彫刻家の高村光太郎、デザイナーでは、世界の柳宗理、石岡瑛子、などなど輩出したアーティストは数知れず。藝大は一番人数の多いクラスでも、油絵科のたった50人。1学年全てのクラスを合わせても250人くらいの小規模精鋭。多浪と呼ばれて、三浪・四浪・五浪・六浪して入学する人も普通にいるほどの難関を通り抜けてきた天才・異才・奇才、筋金入りのアーティスト集団なのだ。

>>続きを見る
Secret002

藝大の現役合格生は数学が得意だった!

難関・東京藝術大学の受験。現役でパスするような学生に共通しているのは、絵の才能だけではなく、中高生時代に理数系が得意だったということ。アーティストと言うと、感覚的な人ばかりかと思いきや、彼らは論理的でもあるのだ。 物事を論理的にとらえる力・・・それは構図を正確にとらえて描くために大切な力。例えば、顔を描く時には、正三角形が顔の中にあるというイメージで描くと上手く描きやすい。 ダヴィンチは「モナリザ」を黄金比を元に描いている!?という有名な話があるが、ピカソのキュビズムも、実は数学的に描いているという説がある。スクエアに割っていくピカソのタッチ・・・幾何学・図形的な感覚を持っていないと、こうは描けないのではないだろうか。 絵を描くことと、数学的に考えることは、相反することのように思われがちだが、実は、絵を上手く描くためには、数学的思考も大切なのだ。

>>続きを見る
Secret003

今アメリカではMBAよりMFAの時代。

「MBA」(経営学修士)かつて、ビジネスの世界では、MBAを持つことがステータスとなり、ひとつの勲章とされてきた。今、アメリカではMBAよりも、「Master of Fine Arts=MFA」(美術学修士)を持っている人材の方が重宝されている。給料も待遇も、MBAを持っているより、MFAを持っている人の方が圧倒的に高く評価される時代になっている。

>>続きを見る
Secret004

ビジネスで成功したければアートを学べ

なぜ、ビジネスの世界では、MBAではなくて、MFAなのか? MBAは、過去の事例から紐解いていく方法が中心だ。 例えば、「昔のソニーはなぜ成功したのか?なぜ失敗したのか?」など、過去から分析して答えを導いていく。

>>続きを見る
Secret005

目は顔の真ん中にある!?

鏡を見ながら、自分の顔を描いてみてほしい。そのとき、自分の目を顔のどのあたりに描いただろうか? 人は、自分が大切に思っているところを大きく上の方に描く習性がどうやらあるらしい。

>>続きを見る
Secret006

ゴッホは感覚で描いてはいなかった!

炎の画家、画聖と呼ばれた天才ゴッホ。 ゴッホと言うと、超のついた感覚で描いている画家のようなイメージがあるが、彼の絵をよく見ると、筆で描いているというよりはコンピュータグラフィックスのように、絵の具をキャンパスに緻密に乗せ

>>続きを見る
Secret009

レコジャケを描いていたウォーホル

マリリン・モンローの肖像画、キャンベルスープの缶など、誰もが見覚えのある作品を残したアンディ・ウォーホルは、60年代後半、ポップアートの旗手として、アート界に煌びやかに登場した。元々、広告代理店のデザイナーだったウォ

>>続きを見る
Secret010

印象的にヘタだから印象派と呼ばれた。

モネ、ルノワール、セザンヌ、ドガ・・・印象派と呼ばれる画家には、あまりアートに興味の無い一般の人たちでも良く知っている名前が並ぶ。印象派が登場する前、宮廷絵画など、見たものを写実的に描く写実主義が主流だった。

>>続きを見る
Secret012

キュレーションの語源はアートにあり

さまざまな情報が氾濫し、取捨選択がどんどんむずかしくなる現代でひと役買っているのが、関心にあわせた情報をまとめたキュレーションサイト。IT用語として一般的になりつつあるこの「キュレーション」、実はアートの分野から転用されている言葉である。

>>続きを見る
Secret013

日本画で視野を養った、あの経営学者

「マネジメントの父」と呼ばれ、世界中の経営者やリーダーをはじめ、多くのビジネスマンに影響を与えた、ピーター・ドラッカー。 この著名な経営学者が、世界有数の日本画コレクターであったことはあまり知られていない。

>>続きを見る
Secret014

初心に立ち返るためのオフィスアート

Facebookの本社オフィスはウォールアートで埋め尽くされている。ここには、天井高くまで緻密に描かれた絵もあれば、ニューヨークの地下鉄を想起させるような、落書き風の作品もある。社員が毎日描き加えるのが認められている壁もあれば、ザッカーバーグ自らスプレーを吹きかけた壁もある。

>>続きを見る
Secret015

カリフォルニア発!アートデートとは

最近アメリカではアートデートがブームだ。「アートデート」といっても、雨が降ったから今日は美術館に行ってみようかという話ではない。絵画クラスに参加し、おしゃべりを交えながらリラックスした雰囲気でキャンバスに絵を描いていく、体験実践型のデートである。ワインを片手にほろ酔い気分で描き進める、というのだからなんともアメリカらしい。

>>続きを見る
Secret016

だから、絵が描けるようになるのだ!

ART & LOGICには、逆さ絵を描く時間がある。ワークはいたってシンプル。絵を逆さまにして模写をするのだ。描きあげて、正しい向きへとひっくり返すと教室は驚きにつつまれる。だって普通に描いたときより上手なのだから!

>>続きを見る
Secret018

アートとデザインの違いって?

アートとデザインはしばしば混同されがちである。そのため、海外のアートスクールおよびデザイン学部では、この定義を徹底的に教え込むことからはじまる。ふたつの目的をきちんと掴んでいないと、学習の姿勢やコンセプトにブレが生まれ、後のキャリア形成におおきく響いてくるからだ。

>>続きを見る
Secret019

アートが未来の名医を生む!

アメリカのトップ大学の医学部が新しく導入している授業、それは「アート」である。州立大学はもちろんのこと、ハーバード・スタンフォード・コロンビアなど名だたる私立大学も積極的に取り入れているというから驚きである。

>>続きを見る
Secret021

アートセンスが企業イメージの鍵を握る

いつもは文字ばかり投稿するFacebookで、うまく撮れた写真を添えた途端「いいね」の数がぐんと増えた経験、ないだろうか? 写真といえば、写真や画像でつながることのできるSNS、Instagram(インスタグラム)。今では、世界に4億人ものユーザーをもつ巨大メディアである。

>>続きを見る
Secret022

ムンクの叫びは叫んでいない?!

橋の上に立つひとがおののく様子を印象的なタッチで描いた「叫び」。日本では小学校の美術教科書に登場したときから「ムンクの叫び」と呼称されるあまり、あたかも絵の中の人物がムンクという名であると誤解しているひとまでいるらしい。

>>続きを見る
Secret023

揺れる欧州、アーティストの目にはどう映る?

国民投票の結果、EUからのイギリスの離脱が決定した。イギリスの首都であるロンドンは、文化多様性に対していつもオープンであったため(今年の5月には世界の大都市ではじめてイスラム教徒が市長に就任したほど)、予想を覆す結果に世界が震撼した。それは金融市場を見ても明らかである。

>>続きを見る
Secret024

アートは、第0の波なのかもしれない

世界でもっとも有名な未来学者と言われたアルビン・トフラー氏が亡くなった。1980年に出版した、著書「第三の波」のなかで、現代社会が第一の波(農業革命)、第二の波(産業革命)の上に成立していると定義し、いずれ押し寄せる情報化社会の展望を述べたのが彼であった。

>>続きを見る
Secret025

アートと住まう、アートと暮らす

東京にもアートホテルが目立ちはじめてきた。単に趣味のいい絵画を掛けてある、なんてレベルの話ではない。部屋をまるごとアーティストがプロデュースしたというのが売り文句のホテルである。

>>続きを見る
Secret026

水を描くのも、哲学なのだ

「水を描く」というのは、どんなアーティストにとっても立ちはだかる高い壁のようなものだ。背景であれ、絵のアクセントであれ、否が応にも力が入ってしまう。

>>続きを見る
Secret027

欧米型美術教育のすゝめ

筆者は、イギリスで美術を学んでいた際に、地元の小学生のアートの時間を受け持ったことがある。また、イギリス、フランス、イタリアをはじめ、ヨーロッパ諸国の美術館を訪ね歩くうちに、美術教師に引率された小学生グループに出会うこともしばしばあった。どこでも共通するのが、「巨匠から学ぶ」。

>>続きを見る
Secret028

これからは「統合力」こそ鍵となる!

インターネットで検索してしまえば0.1秒で正しい答えが見つけられてしまう時代。頭のなかにいくら情報をインプットしたところで、検索機能に駆逐されてしまう。自分の脳内に蓄積した情報だけではなく、世の中で発信されている数多くのデータをキャッチし、それらを「統合する力」がこれからの重要なスキルのひとつだ。

>>続きを見る
Secret029

最後の決め手は、消しゴム

消しゴムと聞いて、皆さんはなにを想像するだろうか? 社会人になるとめっきり出番が減るものだが、消しゴムの有無に左右されるといえば試験の解答用紙であったり、長い長い作文や読書感想文の課題であったり。

>>続きを見る
Secret031

脱ミニマリストで、いいじゃないか

現代社会を生きるうえでストレスとなる大きな要因が、選択肢の多さである。 スマートに生きるには、あえて選択肢を狭めてしまうのが手っ取り早い。「断捨離」や「ミニマリスト」の台頭は、時代の流れからすれば非常に合理的であり、納得がいく。

>>続きを見る
Secret032

セルフプロデュースならアートに学べ

ここ数年の間で、自撮り(セルフィー)は非常に一般的な行為となった。 誰かに撮影を頼むのではなくスマートフォンのセルフィー機能を駆使するのは日常となり、海やスキー場へ行けばサーフィンボードあるいはヘルメットにGoProを付けて自撮りを試みるひとびとを目にする。ついにはドローンを使った壮大なセルフィー写真まで流行りつつあるようだ。

>>続きを見る
Secret033

アートセラピーってなんだ?

「アートセラピスト」という職業がある。アメリカ・イギリス等のアート先進国においては、芸術と臨床心理学それぞれの分野で学び、修士課程かそれ以上の高度な学位と証明書を要する専門職である。欧米の美術大学では、地域コミュニティーとのかかわりを積極的にもたせる授業が増えており、その中でアートセラピストを志すようになる元アーティストも少なくない。

>>続きを見る
Secret034

だからアートから離れられない

どうしてあなたはアートに興味があるのだろうか?「アート」という言葉を聞くと、それだけでぴくりと反応してしまう。これはもう、アートにとり憑かれている証だ。 それなら、ただ絵がうまくなれば満足できるだろうか?いや、おそらく違うだろう。

>>続きを見る
Secret035

絵画史のはじめの一歩とは

「世界最古の絵画」と聞くと、とっさにアルタミラ遺跡だとかラスコーの壁画だとか、中学の世界史の授業で学んだヨーロッパの地名が頭に浮かぶのではないだろうか。 ギリシャ、ローマ、ルネサンス・・・綿々とつづく美術の歴史は、やはりヨーロッパからはじまるのだとつくづく感じたり。

>>続きを見る
Secret036

経営者はなぜ美術館を創るのか?

日本を代表する企業は美術館を有しているところが決して少なくない。 美術館を運営するのは多大なコストと労力を要し並大抵のことではない。美術館を運営するためには展示スペースはもちろんのこと、美術作品を収蔵するための収蔵庫が必要である。この収蔵庫も単なる倉庫だと美術作品が経年劣化し傷んでしまうので温度や湿度などの徹底した空調管理を施さなければならない。 また、美術館にはキューレーター(学芸員)をはじめとする常勤のスタッフも置かなければならないので、生半可な気持ちでは決して運営が出来ないのである。

>>続きを見る
Secret037

愛妻家アーティストのミューズたち

モデルたちとの結婚を繰り返し、嫉妬の渦のなかにいたピカソ、5人の子供に恵まれながらも家庭を捨ててタヒチへ移住したゴーギャン、生涯未婚ながらも多くのモデルと愛人関係にあり、非摘出子が数多いクリムト。 波乱万丈な人生こそがアーティストの生き様だと思い込みがち。情熱的な恋愛を繰り返し、画家たちが敬愛する女性たちはミューズとして、しばしば彼らの作品に多大な影響を与えてきた。

>>続きを見る
Secret038

アートが人生の幸福度を押し上げる

日常を振り返ると、意識的に選び取ることが驚くほど少ないことに気づく。朝起きて、同じ時間の電車に乗る。出社してパソコンを立ち上げる。電話が鳴るから応えるし、開拓するより依頼がきて対応するほうが多いかもしれない。ふと気づけば、そんなルーティーンの輪でがんじがらめにされた自分がいる。

>>続きを見る
Secret039

九九を知らないで因数分解を解く!?

この50の秘密はアートを中心としたコラムであるのに、このタイトルに驚かれた方もいるであろう。 まずは皆さんに質問、九九を知らず(習わず)にいきなり因数分解が解けますか? おそらく余程の天才ではない限り無理でしょう。

>>続きを見る
Secret041

アートコレクターに著名な実業家が多い理由

偉大なアートコレクターたちの中には、経営者や学者、政治家、そして各国を代表するような実業家たちが多く名を連ねる。 LVMHグループ創始者のベルナール・アルノー、マイクロソフト共同創業者のポール・アレン、ファーストリテイリング社長の柳井正。忘れてはならないセレブリティーが、俳優・レオナルド・ディカプリオだ。彼はついに「世界のアートコレクター・トップ200人」にも昨年ランキング入りしている。

>>続きを見る
Secret042

絵を描いてマインドフルネス

最近話題になっているマインドフルネス。座禅を組んで呼吸を整え、気持ちをリセットすることはストレスフルな日々を送るビジネスパーソンにとってとても重要なことである。

>>続きを見る
Secret043

アメリカで注目のSTEAMとは?

STEM教育をご存知であろうか? イノベーションを起こすための原動力として教育が果たす役割は非常に高い。アメリカの教育界が最も力を入れている分野Science(サイエンス)、Technology(テクノロジー)、Engineerring(エンジアリング)、Mathmatics(数学)の頭文字を取った理数系教育、それがSTEMである。次世代のイノベーティブな産業を育てるためにはまずは教育から、というのはとても納得できる。

>>続きを見る