Facebook

これからは「統合力」こそ鍵となる!

インターネットで検索してしまえば0.1秒で正しい答えが見つけられてしまう時代。頭のなかにいくら情報をインプットしたところで、検索機能に駆逐されてしまう。自分の脳内に蓄積した情報だけではなく、世の中で発信されている数多くのデータをキャッチし、それらを「統合する力」がこれからの重要なスキルのひとつだ。

 

たとえば近年の大学の定期試験では、「持ち込み可」とするものが増えている。もちろんパソコンや携帯などの電子機器類は禁止するのだが、それ以外は文字通りなんでも持ち込んでよいのである。

しかし実際は、試験時間がはじまってから教科書や資料を必死に答えを探してめくるようでは解答できるレベルでないほど難易度は高い。これは、授業に出席して内容を理解するだけでなく、日ごろからさらに自分で思考を重ねているかが測られる。

暗記が得意なものからすると、少々理不尽に思うかもしれない。しかし「この社会はカンニングOK」なのだ。詰め込み式では測れない、教養や思考力、そして解答へとたどり着くまでのプロセスを学び、それを応用する能力が教育機関でも評価されはじめているのだ。

 

この「統合力」は、論理的にアートをする上で欠かせない能力のひとつ。しかし、自分ひとりではなかなか伸ばせないスキルでもある。だからART & LOGICでは、第一線でアーティストとして活躍する美術講師とビジネス経験豊富なファシリテーターがタッグを組み、多方面から指導をする。これが2日間で驚きの成長曲線を描ける秘訣なのだ。  (M.K.)

アートアンドロジックとは