Facebook

ゴッホは感覚で描いてはいなかった!

炎の画家、画聖と呼ばれた天才ゴッホ。
ゴッホと言うと、超のついた感覚で描いている画家のようなイメージがあるが、彼の絵をよく見ると、筆で描いているというよりはコンピュータグラフィックスのように、絵の具をキャンパスに緻密に乗せるような感覚で置きながら、全体を構成していることがわかるだろう。
色を置いていたということは、ゴッホは、決して感覚ではなく、緻密に計算しながら、客観的に絵筆に絵の具を乗せ、全体のバランスを見ながら描いていたのではないだろうか。
絵の描き方を学ぶことで、自然に、名画の見方も深くなっていくところが、
「ART & LOGIC」の面白いところなのだ。

アートアンドロジックとは