Facebook

目は顔の真ん中にある!?

鏡を見ながら、自分の顔を描いてみてほしい。そのとき、自分の目を顔のどのあたりに描いただろうか?
人は、自分が大切に思っているところを大きく上の方に描く習性がどうやらあるらしい。
子どもがお絵かきで顔を描くと、目がドーンと大きくて、手のひらの大きくなりながちなのも、自分の中で一番大切だと思っているからなのだ。
「ART& LOGIC」で行う「顔の構造」のレクチャーは、その固定観念というべきイメージを、まず壊すことから始まる。
骨格的には、目は顔の上の方ではなくて、顔の真ん中、ちょうど半分くらいのところに位置している。
イメージ的にはそうは思えないかもしれないが・・・。

アートアンドロジックとは