Facebook

バウハウスをご存知かな?

1919年に設立され1933年に閉校されるまで僅か14年の間にドイツにあった総合芸術学校バウハウス(BAU HAUS)をご存知であろうか?
今、私たちが目に触れているデザインのほぼ全てはこのバウハウスが基礎を作ったと言っても過言ではない。
また現在、デザイン思考のワークショップ等でも行われている”プロトタイピング”もバウハウスが世の中ではじめて体系的に実践をしたのである。
日頃私たちが目にしているメタルのパイプ椅子もバウハウスで生まれたのだ。それ以外にも家具やティーセットなど我々の身の周りにある洒落たデザインの
生活プロダクトはバウハウスルーツなものがとても多い。
なんとこのバウハウス、画家として有名なパウル・クレーやカンディンスキーが教鞭をとっていたのである。
しかも近代デザインの基礎、例えば色相環(カラースキーム)の理論的な基礎は彼ら画家達が作ったのである。
今やアートとデザインは遠い関係にあると思っている人が多いかもしれないが、実はアートもデザインも根っこのところではルーツは一緒なのだ。

アートアンドロジックとは